• 上級者向け

「keep in touch」はいつ使えるフレーズ?「keep in touch」の意味と使い方

「keep in touch」は、メールや手紙の末尾に頻繫に登場するフレーズのひとつです。

「keep in touch」にはどのような意味があるのでしょうか?メールや手紙以外にも使える表現なのでしょうか?

「keep in touch」の意味

「keep in touch」の動詞「keep」には「~を保つ」「~を維持する」、「in touch」には「連絡する」という意味があります。よって、「keep in touch」は、直訳すると「連絡を取り続けようね」という意味です。

ただし、使用するシーンによって、その場に応じたニュアンスを伝えることができます。

その一例として、以下のような意味で使われることもあります。

  • 連絡をしてね。
  • 今後もコンタクトを取り合い続けましょう。
  • またね。
  • また連絡するね。
  • お互いに連絡をし合おうね。

「keep in touch」の使い方

では、実際に使われている例文をみてみましょう。

・Keep in touch!

(メールの結びに)連絡を取り合おうね。

・Let’s keep in touch with each other on e-mail.

メールでコンタクトを取り合いましょう。

「in touch」を使った表現

「in touch」を使って、様々な表現をすることができます。よく使われている表現として、以下の表現があります。

・get in touch with~:~に連絡する。

・be in touch with~:~に連絡する。

例文

I will get in touch with you again later.

意味:後日、もう一度連絡します。

I’ll be in touch with her.

意味:彼女に連絡してみます。

まとめ

「keep in touch」は、「連絡を取り合う」ことを伝える便利なフレーズです。ネイティブと友情を続けるためにも「keep in touch」を上手に使いこなしていきましょう。

ABOUT

Tryglish編集部は、英語学習のモチベーションを上げるためのコンテンツを提供しています。地域ごとの英会話スクールやオンライン英会話、英会話フレーズなど様々な情報をまとめています。

Tryglish編集部