• 上級者向け

かっこいい役職名の英語表記!ビジネスや英語名刺で使える肩書・役職名【一覧】

エクゼクティブ

役職名や肩書がかっこいいと気分も上がりますよね。では、英語表記でかっこいい役職名には、どのようなものがあるのでしょうか?

今回は今すぐビジネスで使えるかっこいい役職名の英語表記をご紹介します。

役職・肩書の英語表記

役職、役職名、肩書きなどを意味する英語には、以下のものがあります。

job title

job titleは、直訳すると「仕事の肩書」です。What is your job title?で「あなたの役職・肩書は何ですか?」と尋ねることができます。

position

positionは、日本語でも「ポジション」と使われています。これには「地位」や「立場」などを意味があります。

official position

official positionの「official」は、「公式の」という意味があります。直訳すると「公式の地位・立場」のことです。

official title

official titleは、直訳すると「公式の肩書」です。

post

日本語でも使われている「post」は、組織内での重要な「地位」「職」を意味します。

役職名の英語表記

役員や管理職など会社の代表者

会長 Chairman / Chairperson
副会長 Vice Chairperson
代表取締役 Representative Director
代表取締役社長 President / representative of directors
副社長 Executive Vice President / Senior Vice President
専務取締役 Senior Managing Director / Executive Managing Director
常務取締役 Managing Director / Executive Director
理事 Managing Director
取締役 Director
社外取締役 Outside Director
監査役 Auditor
執行役員 Corporate Officer / executive officer
相談役 Senior Adviser
顧問 advisor / special advisor

重役の役職名

近年よく見聞きするかっこいい役職名です。()は正式名称です。

最高経営責任者 / 代表取締役 CEO(Chief Executive Officer)
最高執行役員 COO(Chief Operating Officer)
最高総務責任者 CAO(Chief Administrative Officer)
最高財務責任者 CFO(Chief Financial Officer)
最高法務責任者 CLO(Chief Legal Officer)
最高マーケティング責任者 CMO(Chief Marketing Officer)
最高情報責任者 CIO(Chief Information Officer)
最高技術責任者 CTO(Chief Technology Officer)
最高会計責任者 CAO(Chief Accounting Officer)

一般の役職名や管理職

会社内でよく使われている一般の役職名です。

支社長 General Manager
支店長(所長) Branch Chief(Branch Office Manager)
本部長(統括部長) General Manager(GM)
部長 Manager / Chief of a Department
部長代理 Assistant Manager
副部長 deputy director 
事業部長 division manager
工場長 Factory Manager / Plant Manager
次長 Deputy General Manager
室長 Chief / head of a section / head of a division
所長 branch manager
課長 Section Manager / Section Chief
課長代理 Assistant Section Manager
係長 Chief Clerk
主任 Section Chief
秘書 secretary

その他の肩書

その他にの役職名や肩書をいくつかご紹介します。

受付 Receptionist
事務員 Clerk
人事担当 HR Representative
経理担当 Accounting Clerk
営業担当 Sales Representative / Sales Executive
医師(医者) Doctor
看護師 Nurse
PR担当 Communications Manager
広報担当 Public Relations
総務担当 Administrator
エンジニア Engineer
ITコンサルタント IT Consultant
プログラマー Computer Programmer
料理長 Head Chef
ホールスタッフ Waiter / Waitress

役職なし

役職がない場合は、以下の表現を使うことができるでしょう。

平社員・一般社員 staff / employee /member
公務員 civil servant / public officer / government employee    
研修生・見習い trainee  
派遣社員・契約社員 temporary staff
インターン・助手 intern
アルバイト part-timer

英語で名刺を作成するときのルール

英語で名刺を作成する場合、会社名のほかに役職名や肩書も記載します。日本語の名詞と記載順序が異なるので注意しましょう。

英語の名刺の記載順序

英語の名刺では、以下の順番で記載していきます。

1名前

名前は一番大きく記載するのがビジネスマナーです。

2役職名

役職名の各単語の頭文字は大文字で記載してください。a・theなどの冠詞は不要です。役職がない場合は無記入で構いません。

3部署名

部署名も各単語の頭文字を大文字で記載します。

4会社名

会社名のほかに、会社の住所・電話番号・FAX番号なども記載することができるでしょう。

まとめ

ビジネスでよく使われている役職名や肩書をご紹介しました。日本語でも見聞きする英語表現がありましたか?この機会に正しい英語表記を覚えておきましょう。

ABOUT

Tryglish編集部は、英語学習のモチベーションを上げるためのコンテンツを提供しています。地域ごとの英会話スクールやオンライン英会話、英会話フレーズなど様々な情報をまとめています。

Tryglish編集部