• 上級者向け

英語メールの結び・締めの言葉|今すぐ使えるビジネス・カジュアルフレーズまとめ

パソコンでメールを打つ女性

日本語の敬語のように、英語にもフォーマルな表現とカジュアルな表現があり、状況に応じて使い分けなければいけません。
今回は、英語のメールの結びの言葉のフォーマルな表現とカジュアルな表現をご紹介します。

英語メールの結び・締めの言葉【フォーマルな表現】

ビジネスシーンのメールでは、送信する相手によってメールの内容や表現が異なります。例えば、面識のないクライアントにメールを送ることもあれば、すでに馴染みの取引先にメールを送ることもあります。

また、フォーマルな英文メールでは、内容に会った結びのフレーズを添えるのが一般的です。よって、ビジネスシーンで使われるフォーマルな表現も、相手によって使い分けなければいけません。

英文メールの定番な結びの言葉

面識のないクライアントや上司、先輩などが相手の場合は、日本語の「敬具」の意味に相当する以下の表情を結びの言葉として使うのが一般的です。

Sincerely,

心から敬意を表すことを意味する表現です。ビジネスシーンにはピッタリの好印象を与える定番の結びの言葉です。

Sincerely yours,

この言葉は、すでに面識があっても、まだ親しい関係でない相手に使える表現です。後述する「Yours sincerely」よりも柔らかい印象を与えます。

Yours sincerely,

「Sincerely yours」よりもやや堅いフォーマルな表現ですが、すでに面識のある人にしか使えない表現です。

「sincerely」と「yours」を置き換えるだけで親しさの距離や与える印象が異なりますので、上手に使い分けましょう。

Regards,

すでに面識のある相手の場合に使える表現です。ビジネスシーンだけでなく、友人や知人などにも使えます。

Best regards,

ネイティブもよく使う結びの言葉です。

Warm regards,

「warm」は「思いやりのある」を意味するので、すでに気心の知れた相手であればビジネスシーンでも使えます。

Warmest regards,

「Warm regards,」のように使えます。

ビジネスメールの締めフレーズ

ビジネスメールでは、上記でご紹介した結びの言葉の前に、メールの内容に合った結びの文を添えるのが一般的です。では、以下の内容に沿った結びの文を確認しましょう。

  • 感謝の言葉で締めるフレーズ
  • 返信を待っている言葉で締めるフレーズ
  • 謝罪の言葉で締めるフレーズ
  • よろしくお願いします」で締める結びのフレーズ
  • 「お気軽に連絡ください」で締める結びのフレーズ

1.感謝で締めるフレーズ

メール本文の結びに感謝の言葉で締めるなら、相手に好印象を残せます。具体的な内容を書くこともできますが、「Thank you.」とシンプルに一言添えるだけでも好印象のメールになります。

Thank you.

(ありがとうございます。)

I appreciate your help.

(あなたの助けに感謝します。)

Thank you in advance for your understanding.

(事前のご理解に感謝します。)

Thank you for your support.

(あなたのご協力に感謝します。)

2.返信を待っている旨を伝えるフレーズ

問い合わせや質問など、何かを依頼するメールの場合は、相手からの返事を待っている旨のフレーズを最後の入れるのが一般的です。

I look forward to hearing from you.

(あなたからの返信を楽しみにしています。)

I look forward to your reply.

(あなたからの返信をお待ちしています。)

Hope to hear from you soon.

(近いうちに返事があることを期待しています。)

Please take care of this issue.

(こちらの案件の対応をよろしくお願いします。)

3.謝罪

謝罪やお詫びのメールであれば、最後にもう一度謝罪のフレーズを入れることで誠実さが伝わります。

Once again, I truly apologize for any inconvenience caused.

(今一度、ご迷惑をお掛けしましたこと深くお詫び申し上げます。)

Again, We deeply apologize for this matter.

(もう一度、この件に付きまして、改めてお詫び致します。)

Again, I apologize for the delay.

(遅くなってしまったことをもう一度お詫び申し上げます。)

4.「よろしくお願いします」で締める結びのフレーズ

英語には日本語の「よろしくお願いします。」に相当するフレーズはありませんが、相手を気遣うニュアンスのフレーズはあります。

以下のフレーズを「よろしくお願いします。」の代用として使うことができるでしょう。

We are honored to be able to do business with you.

(ご一緒に仕事をさせていただき光栄です。)

I am looking forward to working with you.

(一緒にお仕事するのを楽しみにしています。)

We appreciate your ongoing involvement in this project.

(今後ともよろしくお願いいたします。)

I hope that we will do  business together.

(一緒にビジネスができることを期待しています。)

5.「お気軽に連絡ください」で締める結びのフレーズ

自社の製品を説明する内容や変更が生じた旨を伝えるメールの場合、読み手は疑問を感じることがあるかもしれません。

相手が不安にならないよう、いつでも気軽に質問できるような雰囲気でメールを締めることができるでしょう。

Please feel free to contact me if you need any further information.

(もし何か情報が必要でしたら、いつでも連絡をください。)

Should you have any questions, please feel free to contact me.

(何か質問がありましたら、遠慮なく連絡してください。)

If you require any further information, let me know.

(何かリクエストがありましたら、遠慮なくお知らせください。)

英語メールの結び・締めの言葉【カジュアルな表現】

家族や友人など親しい人には、カジュアルな表現で締めましょう。

Love,

(愛を込めて)

日本語では「愛を込めて」と文章を締めることはあまりありませんが、英文メールでは家族や友人、恋人に使う定番の表現です。ビジネスメールでは使いません。

With love,

(愛を込めて)

Your friend,

(あなたの友だち)

顔見知り、知り合い程度の友人宛てのメールに使う締めの言葉です。

See you soon,

(またね。)

しばらく会う予定がなくても使える表現です。親近感を感じさせます。

Take care,

(気を付けてね。)

本来は「気を付けてね。」という意味で使われていましたが、現在は「達者でね。」とカジュアルな意味で使われています。会話の中でも別れの挨拶でよく使う便利な表現です。

Have a nice day.

(よい一日を過ごしてね。)

チャットメールのときに便利な表現です。

Have a great day.

(よい一日を過ごしてね。)

チャットメールや口頭でも使えます。

Good luck.

(幸運を祈っています。)

親しい友人を励ましたいときに使える定番フレーズです。

Get well soon,

(早くよくなってね。)

体調を崩している相手にメールやメッセージを送るときに使えます。

Keep in touch.

(連絡を取り合おうね。)

今後も連絡を取り続けたい旨を伝えたいときにおすすめのフレーズです。

I look forward to seeing you again.

(またお会いできるのをを楽しみにしています。)

フォーマルでも使える表現です。

まとめ

英文メールのフォーマル・カジュアルな結びのフレーズをご紹介しました。ビジネスメールでは結びのフレーズに加え、メールの内容に沿った結びのフレーズも一言添えるのが一般的です。

メール文の最後に一言添えるだけで、相手に気遣いや感謝などを書き手の誠実な気持ちを伝えることができます。さまざま表現を使ってワンランク上のコミュニケーションを楽しみましょう。

ABOUT

Tryglish編集部は、英語学習のモチベーションを上げるためのコンテンツを提供しています。地域ごとの英会話スクールやオンライン英会話、英会話フレーズなど様々な情報をまとめています。

Tryglish編集部