• 初心者向け

英語で「頑張れ!」と言いたい!応援・励ましの気持ちを伝えるフレーズ10選

がんばれ

応援するときや人を励ますときなど、「頑張れ!」「頑張ってね!」という言葉をよく使いますし、言われるとうれしい言葉です。

では、この気持ちをどのように英語で伝えることができるでしょうか?

これから何かに挑戦しようとする相手へ「頑張れ!」

“Good luck!”(幸運を!)

Good luckは、日本語で「幸運」という直訳されますが、ネイティブ動詞では「頑張れ」という意味で使われています。SNSでは「GL」と省略されることもあります。

“Wish you the best.”(幸運を祈る)

Wish you the bestは、直訳すると「ベストを祈る」です。Good luckのように使われています。

“Go for it!”(いけいけ!)(頑張って!)

Go for itは、直訳すると「そこに向かって行け」という意味です。目標や目的に向かって頑張っている人に向けて、相手の背中を押して励ますニュアンスがあります。

スポーツ観戦で応援する際にもよく使われているフレーズのひとつです。

“You can do it! ”(あなたなら出来るよ!)

You can do itは、何かにチャレンジしようとしている人を励ましたいときにピッタリのフレーズです。

 “it ”を“this ”にして、“You can do this. ”とも言うことができます。

“I know you can do it.”(あなたなら絶対に出来るよ!)

You can do itのように、何かをチャレンジしている人を励ますフレーズですが、I knowを加えることで、相手が必ずできると信じている、という確信が含まれ、より強い励ましになります。

今頑張っている人を励ましたい「頑張れ!」

“Keep it up.”(その調子で頑張って)

Keep it upは、直訳すると「それを続けなさい」という意味になります。

つまり、現時点で上手くいっているので、その調子で続けて頑張ってね、というニュアンスで使われます。相手を安心させるフレーズです。

“Hang in there.”(そのまま頑張って)

Hang in thereは、直訳すると「しがみついて落ちないで」という意味になります。

つまり、相手が困難な状況にいる場合、何とか持ちこたえて頑張ってね、というニュアンスで使われます。

すでに頑張って耐えている人に対しての激励のフレーズです。スポーツ観戦で応援する際にも使います。

“Don’t give up.”(あきらめないで)

頑張っている人が弱気になっているときや落ち込んでいるときに使う励ましのフレーズです。

落ち込んでいる友人を励ましたい「頑張れ!」

“Cheer up!”(元気を出して!)(くよくよしないで)

Cheer upは、落ち込んでいる人を励ますときに使われるフレーズです。

“Cheer”は、“Cheers!”(乾杯)と同じ動詞で、「元気づける」「慰める」などの意味合いがあります。

“Don’t worry.” (気にしないで)

失敗などで落ち込んでいる友人がいたら、Don’t worry. と声をかけてあげましょう。

まとめ

「頑張れ!」という基本フレーズを10選ご紹介しました。「頑張れ!」という英語表現は、状況に応じて使い分ける必要があります。

是非、応援や励ましの言葉を上手にかけることができるよう使い方を覚えましょう。

ABOUT

Tryglish編集部は、英語学習のモチベーションを上げるためのコンテンツを提供しています。地域ごとの英会話スクールやオンライン英会話、英会話フレーズなど様々な情報をまとめています。

Tryglish編集部