• 初心者向け

「d.c.」とはどういう意味?アメリカの首都「ワシントンDC」のこと?

dc

「d.c.」とはどういう意味?アメリカの首都「ワシントンDC」のこと?

「d.c.」と聞くと、おそらく多くの方が「ワシントンDC」を思い出すことでしょう。

では、この「d.c.」とは何の略なのでしょうか?

ワシントンDCとは何のことでしょうか?今回はアメリカの雑学についてご紹介します。

アメリカの首都はどこ?

アメリカ合衆国には、「50の州」があります。

では、アメリカの首都はどこでしょうか?「ニューヨーク」でしょうか?

いいえ、アメリカの首都は「ワシントンDC」です。ワシントンD.C.は、どの州にも属していません。

ワシントンD.C.の「D.C.」は何の略?

ワシントンD.C.の「D.C.」は、コロンビア特別地区を意味する「District of Columbia」の略です。

ワシントンD.C.を直訳すると、「ワシントン・コロンビア特別地区」になります。ここには、ホワイトハウス、アメリカ国会議事堂など重要な建物がたくさんあります。

先述したように、ワシントンD.C.はどの州にも属していないので、「the State of ~」という呼び方はしません。

「D.C.」の意味

ワシントンD.C.の「D」には、「District」、つまり、「どの州にも属さない連邦政府の直轄地」という意味があります。

そして、ワシントンD.C.の「C」は、アメリカ大陸の発見者であるコロンブスを由来としています。

首都「ワシントンD.C.」と「ワシントン州」

アメリカの50州のひとつに「ワシントン州」と呼ばれる州があります。

そのため、アメリカをよく知らない人は、首都「ワシントンD.C.」と「ワシントン州」の区別が付かず、混乱してしまうようです。

では、どのように区別することができるでしょうか?

ネイティブがワシントン州のことを言いたいときは、「Washington」といいます。

一方、ワシントンD.C.のことを言いたいときは、「Washington, D.C.」、もしくは「D.C.」といいます。

まとめ

アメリカの雑学とも言える「d.c.」の意味についてご紹介しました。

アメリカの首都「ワシントンD.C.」の「D.C.」は「District of Columbia」の略語で、正式名称は「ワシントン・コロンビア特別地区」です。

ネイティブと会話する際には、「ワシントンD.C.」と「ワシントン州」と間違えないようにしましょう。

ABOUT

Tryglish編集部は、英語学習のモチベーションを上げるためのコンテンツを提供しています。地域ごとの英会話スクールやオンライン英会話、英会話フレーズなど様々な情報をまとめています。

Tryglish編集部