• ネイティブ

SNSのタグ「#ootd」の意味は?正しい意味とスラング英語の使い方

ハッシュタグ

SNSでよく使われている「#ootd」。人気のインスタグラマーも使っている「#ootd」には、どのような意味があるのでしょうか?今回は「ootd」の意味と使い方をご紹介します。

「ootd」の意味

「ootd」は、「Outfit Of The Day」を省略したスラング英語です。

直訳すると、「今日の服装の組み合わせ」です。日本語で言うなら「今日のコーディネート」と言えるでしょう。

「ootd」の使い方

InstagramやTwitterなどSNSでは、「#○○」とハッシュタグを付けて写真を投稿するのが一般的です。そうすることで、特定のキーワードを探しやすくなるからです。

そのため、SNSでは多くの「#○○」が使われています。そして、そのひとつが「#ootd」です。

朝や日中、出かける前の自分の今日のコーディネートを撮影し、写真をアップするという使い方が一般的です。

ちなみに、クラブやパーティーなどに出かける前の夜の服装は、「Day」を「Night」にした「outfit of the night」の略語、「OOTN」が使われています。

「#ootd」で検索

「#ootd」でSNSを検索すると、世界中のファッションに関する画像を見ることができます。服やアクセサリー、コーディネートなど多種多様なファッションを参考にできます。

「ootd」は英語の略語なので、世界中の人が使っているので、ファッションの世界が広がるでしょう。

「#ootd」で写真を投稿

「#ootd」を使って、自分の今日のコーディネートの写真を投稿することもできます。世界中の人のファッションを参考にするのもいいですが、自分のコーディネートを世界に向けて発信するのもいいですね。

「#ootd」を使った例文

では、実際にSNSで使われいるフレーズをいくつかご紹介しましょう。

・Super comfy #ootd

(今日のお洋服はとても着心地がいい)

・Today I’m wearing a zara sweater and zara jeans  #ootd

(今日はZaraのセーターとデニムにしました。)

・What do you think about my OOTD?

(私の今日のコーディネートはどうですか?)

まとめ

SNSでは、「#ootd」のようなスラング英語がたくさん使われています。

コーディネートに悩んでいるときや、海外の人のファッションを見たいとき、自分のファッションを発信したいときなどは、是非「#ootd」を使ってみましょう。

ABOUT

Tryglish編集部は、英語学習のモチベーションを上げるためのコンテンツを提供しています。地域ごとの英会話スクールやオンライン英会話、英会話フレーズなど様々な情報をまとめています。

Tryglish編集部